めたしこう

書く内容に一貫性がない日記帳

 バンブーブレードだったり、ちはやふるなんかの競技もののアニメは見てて泣いてしまう。自分がやってた水泳ではそんなの流したことがない嬉し涙も悔し涙も。

 

 県では小さい県だったのもあって優勝当たり前、地方大会は決勝が当たり前、全国は出るのが当たり前で地方大会以上ではそれぞれ表彰台が当たり前、決勝いくのが当たり前みたいな実力はなかった。

 

 でも無いわけでもなかった。

 

 だから、いい結果を出しても嬉し涙は流さなかったし、例えば地方大会で決勝に残っただけになっても悔し涙は流さなかった。

 

 一番頑張ったのに全国にすら出れなかった中3は相当悔しかった。けど、涙は流さなかった。恐らく、悔しさなんかよりも、もう無理なんだという絶望の方が大きかったんだろうなあ。

 

 少し話がずれてしまったので戻すと、この手のアニメやドラマである手が届きそうだけど、実現確率が相当低い目標に向かって頑張った、その結果…という展開はみてて涙してしまう。こんな体験してみたかった、そんな思いも含まれてそうな涙。

 

 そんなこんなで、1つのことを頑張ってる少年少女を描いた作品がマイ大ブーム、絶賛大大募集中です。オススメがあったら是非教えてください(^-^)/

 

   p.s.

 そんな昔の経験もあって、結果が思うようにでないのにやり続けている、または昔の方がすごかったのに頑張ってる人をみると素直にすごいと思う。